回復期リハビリテーション病棟

当法人の病棟コンセプト

「動ける喜び、感じる幸せ」~今のチカラを未来のチカラへ~

回復期リハビリテーション病棟での入院生活中に、何らかの「動けた」「できた」喜びを感じて頂けるように、リハビリテーションを通して、患者様、ご家族様の支援をさせて頂きます。

リハビリテーションは、決して楽なものではないですが、退院後の生活を「リハビリを頑張ってよかった」と思っていただけるように支援していきます。

スタッフ一同、患者様の「動けた」「できた」喜び、幸せを、患者様、ご家族様と一緒に共有させて頂き、自分らしい生活ができるようにサポ―トさせて頂きます。

入院について

入院の対象となる患者様

  • 脳血管疾患・脊髄損傷・頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経嚢損傷等の発症後もしくは手術後状態
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または2肢以上の多発骨折の発症後または手術後状態
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有する発症後または手術後状態
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態
  • 股関節または膝関節置換術後の状態

入院から退院までの流れ

回復期リハビリテーション病棟では、医師・看護師・リハビリスタッフと共に多くの専門スタッフとチームを組み、入院前から退院後の生活のために、サポートさせて頂きます。

入院に関するご相談は、当院」地域医療連携室」の医療ソーシャルワーカーにご相談ください。

⇒「地域医療連携室」はこちら